泉州の自然

大阪南部、泉州の自然、特に水生生物に関する話題や問題を取り上げてみる・・・・・かも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『モササウルス』キターーーーーーーーッ!

今日は、お疲れのようで、さっさと寝ようとしてたら、スッゴイニュースが飛び込んできた。

「モササウルスの前足発見、和歌山、海の王者復元可能に」

47ニュース http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101801000783.html

同個体の後ろ足に続き、前足も見つけちゃうなんて。

和歌山県立自然博物館、やっちゃいましたね~ おめです。


モササウルス
昔の海には、こんな大きなトカゲがいたんだな~~



そう言えば、今年の初めに『モササウルス』についての記事をうpしたような気がするな~~

あったあった、http://sensyusizen.blog134.fc2.com/blog-entry-246.html 

WMNHへ見に行かなくちゃ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村
  1. 2011/10/18(火) 20:55:10|
  2. 和歌山のガサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うなQ -ウナギの不思議ー。

お魚が大好きであ~る。(採集と飼育だよ)
特に底物系が大好き。

一番好きなのは淡水ハゼ系だが、食べて美味しいって理由もあってウナギも好きなのであ~る。

現在、家にある水槽は3本、30cm水槽にはメダカ数匹だけ、これは娘が管理してい~る。

残り2本は60cm水槽、こちらに収容されてるのはウナギのみッ!

1本は単独飼いで通称メタボウナギ、48~9cmはあるだろうか、丸々と太って美味しそう。
コイツはいずれカバ焼きになる定めであ~る。

もう1本は雑居房、小中サイズのウナギが7匹収容されてる。エンピツサイズってところか。

他のお魚たちは、勤務先の水槽へ、子どもたちの環境教育(そんな大げさなもんじゃないッ!)のために派遣されてい~る。

なので、ウチにはウナギしかいないのであ~る。

ちょっと動機が不純だが、ウナギLOVEなのであ~る。

(前置きが長いなぁ~~)


さて・・・・・


現在、和歌山県海南市にある和歌山県立自然博物館では、平成23年度特別展『うなQ -ウナギの不思議ー』が開催中なのであ~る。

8月31日まで開催されてい~る。

嬉しい事に、特別展開催期間と同じ8月いっぱいまで入館料が半額なのであ~る。

行くべしッ!行くべしッ!行くべしッ!

以下抜粋、

趣旨
今年の特別展は「ウナギ」。蒲焼きやうな重などで身近な魚ですが、その生態は謎がいっぱい!しかし、最近の研究で少しずつ謎が明らかになってきました。
アリストテレスも考えたウナギの産卵場の謎も1000年以上の時を越えて明らかになりつつあります。

また、日本人は昔からウナギと関わり、食べるだけではなくいろいろな文化を生み出しました。
この展示会では、最新の研究結果や人とウナギの関わり合いについて紹介します。

内容
(1) ウナギの生物学
   ウナギとその仲間について、生物学的な視点でパネル、標本、生体展示をします。
    ア 世界で初めて見つかった親ウナギの標本
    イ ウナギは2度変身する。ウナギの赤ちゃんプトケパルス幼生の標本
    ウ ウナギは川の魚?海の魚?実験水槽とパネル展示
    エ いろいろなウナギ仲間。3mの巨大アナゴ実物大パネル ほか

(2) ウナギと人のかかわり
   人とウナギがどのように関わってきたか、実物を交えて解説します。
    ア 縄文人もウナギを食べた!
      (縄文遺跡から出土したウナギの骨)
    イ ウナギを作る
      (世界で初めて成功した人工孵化のウナギの
       赤ちゃんの標本)
    ウ ウナギを捕る(和歌山県内のウナギ漁具)
    エ ウナギと信仰(ウナギ絵馬など) 
    オ ウナギと文学
    (ウナギをモチーフにした漫画の複製原画など)など

 (3) 国指定天然記念物「富田川のオオウナギ生息地」
     郷土が誇る文化財を詳しく紹介します。
    ア 宇井縫蔵とオオウナギ
    イ 日本最大級のオオウナギのはく製 など

(4) 自然博物館カードプレゼント
   開催期間中、ご来館いただいた方に1枚ずつ特別展バージョ
   ン自然博物館カード(第9弾)をプレゼント!
    *定数に達し次第終了します。


とまぁ、こんなかんじなのであ~る。(コピペしたな~、だってPDFのパンフのコピーってどうやるかわからないんだもん)


オマケに、昨日、ってか昨夜、ツイッター上において、和歌山自博の非公認非公式キャラが誕生したのであ~る。

その名も 『あ~るちゃん&い~る先生』 
和歌山自博 缶バッジ
左下の缶バッジがそう。 欲しいなぁ~~ (サンプルのため販売は未定)

公式キャラに昇格?しないかな~


にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村
  1. 2011/08/03(水) 20:06:15|
  2. 和歌山のガサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午後の部、貴志川涙のガサ。

画像をアップできないので、今一つ、気合が入らないけどしょうがない。

朝から一緒にガサってたガサ友のMK31さん、今日は久しぶりの終日フリー。

ため池観察会が終わったら、どこかでガサろうと、協議の結果、和歌山の貴志川までプチ遠征。
原付は家に置き、MK31さんの2シーターオープンカーに乗せてもらいます。
IMG_0138.jpg
右に曲がると小豆島かぁ~ 前に「しょうどしま」って読んで笑われたっけなぁ~~

IMG_0139.jpg


私は貴志川は初めてです。それを知ってるので、タマ駅長で有名になった貴志川駅にも連れてってくれました。
駅舎がネコの顔になってます。
そこら中、ネコが描かれています。
若いねぇちゃんたちが写真撮り合ってます。

話のタネに、タマ駅長見たかったんだけど、なぜか恥ずかしくって、写真撮る事も車から降りる事もできませんでした。

IMG_0140.jpg
走る車の中から貴志川駅に来たって証拠を一枚。

ガサるのは、駅のすぐ近く、堰堤の下流です。
大勢の人がBBQしたり、川で泳いでます。
そんな中、オヤジ二人がタモ網持って、半ズボンで歩くのは恥ずかしい、って事で、下流へ向かって離れていきます。

どんどん歩きます。

だけど、草ぼうぼうで水辺に降りる場所が見当たりません。
IMG_0142.jpg

諦めて、先ほどの大勢人がいる方(水辺に降りられる)へ戻ろうと歩いていると、四駆が3台、川へ入る場所を探しています。
(私たちと同じ境遇です)

違いは、結局、四駆は草をなぎ倒して、川へ入って行けたのです。
私たちはその踏み跡を通って川へ入りました。(ラッキー!)

(・・・・・どうも写真が無いと文章がくどくなるなぁ~~)

7月19日追記、(この記事の文章だけは18日に書いたのよね~)

デジカメ復活! 記事の続きと、画像を添付していきます。



ぼちぼちとお魚が入ります。
私にはなぜかスジシマドジョウばかり。
MK31さんにはカワヨシ、ギギ、カマツカ、ムギツクまで入ります。

アユもいたけど、網に入りません。

水中から出てる気の根っこの下に大きな雷魚がいました。
採ろうとしたけど逃げられ、それを今度はMK31さんが狙います。

・・・・・逃げられました。 

私の方に向かって逃げてきました。が、捕まえようとしたらなぜかナマズなんだよね~~ (不思議)

ここで体力の限界に近づいたらしく、底石が滑り、足がもつれ、ドッポンとこけました。
(デジカメ水没の顛末)

歳のせいか、朝からぶっ続けでガサる体力が無いようです。(運動不足もあるし)

スリッパが流れて行きます、慌ててタモ網で救出! あっぶね~~ 裸足で帰る羽目になるところだったぁ~~

IMG_0148.jpg
良い川相だな~

もう少し、水が少ないと最高だったな。

自分一人ではイケナイ所まで連れてってくださったMK31さん、感謝!!!

自分の手でムギツク、採ってみたかったなぁ~~~

  1. 2011/07/17(日) 21:47:16|
  2. 和歌山のガサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガサガサ和歌山プチ遠征。

久しぶりのガサ曜日。時間はお昼まで。 さぁドコ行こう?

近場では少々マンネリ化し過ぎてるような気がする。
用水路で見つけたタウナギ採り(釣り)に行くか。いや、そんなもの1分もあれば終わっちゃうし。

せっかくなんだから少し、足を延ばしてみたいな。
そう言えば最近、和歌山行ってないなぁ~~ 

 よし、行こうッ! 

って事で行ってきました某S吉川。 Kノ川の支流です。
IMG_0004.jpg
アチャ~~~、水が多いなぁ~~

四駆の遊んだ跡から川へ降ります。 
この辺りは四駆の無法地帯です、前回も川の中でガサってたら、上流から四駆が来てビックリした事があります。

水の流れが少々、強いのですが、それでもガンバってガサります。
IMG_0002.jpg
10cmほどのギギです。1cmほどの赤ちゃんも多数、網に入ります。(全部逃がしたよ~)


コレは?
IMG_0008.jpg
シマドジョウ?  いや、スジシマドジョウかな? 7cmほど。

もしスジシマドジョウだったら お初 になります。 お持ち帰り決定!

水深も深く、流れも急なので、この辺りでやめます。
他にはカワヨシノボリ、カワムツ、カダヤシしか採れませんでした。
狙ってたカマキリやスナヤツメはおろか、ツチフキも採れませんでした。

プラケースの中が寂しいので、エビモとフサモ?を少々、お土産にいただいて帰ります。

まぁ・・・・・はっきり言って欲求不満です。

まっすぐ帰る事ができず、未練がましく付近の用水路や小川を見て回ります。

某川の橋の上から見ると、
IMG_0005.jpg
カワムツかな。

ん、アレは?
IMG_0007.jpg
タウニャギの大きいヤツが死んでますね~

川に沿って見て回ったけど、降りられるところがありませんでした。(まだ欲求不満持続中です)


諦めて、田んぼ脇の用水路を見て回ります。

ドジョウが見えます。
コブナもいます。
ジャンボタニシがいっぱいいます。

と・・・・・、真っ黒に見えるほど、おびただしい数のカダヤシ?メダカ?がいるジャマイカッ!

スマン一網だけ、とエサ用に掬います。それでも200匹以上は入ったかも。

第一水槽、
IMG_0012.jpg
ここの用水路にはカダヤシはいないようだな。

第二水槽、
IMG_0014.jpg

ウナギと同居させます。(活エサって事ね)

もう当分、メダカは採らないようにしようっと。

で、これまた当分、和歌山プチ遠征はお預けとなるかも。
10年落ちの原チャリが、雄ノ山峠の岐路、あのカーブの続く急坂を登ることができなくなってきてます。
どうにかこうにか(全開で時速10㌔ ww)登れましたが、もう次は無理かもしれません。(大阪側からは問題なく行けます)

えッ、メダカの祟りだって?

・・・・・そうかも。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村
  1. 2011/07/14(木) 13:21:11|
  2. 和歌山のガサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

初めての魚ツチフキ。

タイトルの通りです。

生まれて初めてツチフキを見る事ができました。


16日17日とガサできなかった腹いせ?に、和歌山までプチ遠征ガサしてきました。

IMG_2861.jpg
最初はこの辺りで1時間ほど、どこか良い水路は無いかなっと探し回ったのですが・・・・・汚いドブばかり。

諦めて、いつものS川の下流へと向かいます。

IMG_2862.jpg
ここから川へ入ります。いつもの場所よりちょっと下流です。

IMG_2874.jpg
上流方向を見る。何橋かわかりますよね?


水量はちょっと多いかなってくらい、底石にヌルがいっぱい付いてます。
でも期待できそうです。

ではさっそくガサってみます。
IMG_2863.jpg
ニゴイです。 一瞬ツチフキかなっと期待したんですが・・・・・ポイッ!
(泉州にはまったくいませんが・・・・・)

IMG_2864.jpg
ギギです、小さいのがよく入ります。リリース。
(これも泉南(樫井川以南)には分布してませんが・・・・・)

IMG_2865.jpg
ドジョウ~~ スジシマドジョウを連れて来~い! って事でリリース。

IMG_2868.jpg
フナです、興味ありません。ポイッ!

IMG_2869.jpg
モツゴ、泉州ではほとんど見かけないレアものです。後ろ髪を引かれる思いでリリース。

IMG_2870.jpg
オイカワ、こいつはドコにだっているな~~ ポイッ!

他には、メダカ、カワムツ、カワヨシノボリ、タモロコ、カマツカ、カダヤシなど。 すべてリリース。

あと、モロコの一種が採れました、スゴ? イト? コウライモロコかな? コレはお持ち帰りに決定。(だって泉州にはいないんだもん)
(kotetu000さ~ん、紀ノ川水系にいるモロコは何モロコですか~?)


そしていよいよお待ちかね真打の登場です。
IMG_2873.jpg
最初はカマツカかなって思ったけど、そんなに長細くないし、ニゴイでもない・・・・・って事は?

ツチフキ!!!ツチフキ!!!ツチフキッ!!! 

IMG_2877.jpg

夢にまで見た(見てないか)ずん胴体型、長くない顔・・・・・やっぱりツチフキに間違いありません。(だよね?)

これで、今年の目標の一つ、達成~~~~~ッ!!! 

  1. 2011/01/18(火) 15:53:09|
  2. 和歌山のガサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィールだってさ

ガサオヤジ

Author:ガサオヤジ
泉州の野山海川を駆け巡るガサオヤジ
実際は単なるお魚いじめの水辺荒らし
重度ガサガサ依存症 タモ網突撃隊
最近はビーチコーミングも取り入れて
狩猟本能原始人並 採る獲る捕る 盗る?

淡輪 潮位

大阪府-淡輪
提供:釣り情報フィッシングラボ

コメントも並べてみる

勝手にリンクしちゃってます

このブログをリンクに追加する

カテゴリ多様性

昨日のツイート (806)
雑記 (98)
お魚 (3)
思った事 (5)
小学校課外授業サポート (28)
小学校チリモン授業 (5)
チリメン・モンスター (17)
海岸のお話 (220)
キノコ (11)
泉州の自然 (58)
大阪市立自然史博物館 (8)
うみべの森を育てる会 (22)
特定外来植物 (1)
自然と本の会 (14)
泉州の鳥 (22)
泉州のお魚 (55)
きしわだ自然資料館行事 (49)
男里川を守る会 (26)
泉州のガサ (102)
貝塚自然遊学館 (4)
泉州の河川 (17)
西日本自然史系博物館ネットワーク (2)
和歌山のガサ (10)
泉州の化石 (2)
自然再生学会 (17)
大阪湾見守りネット (9)
きしわだ自然友の会 (5)
自然保護 (2)
セブ (33)
身の程知らず (3)
泉州の昆虫 (4)
泉州の貝 (40)
泉州のタコ (67)
きしわだ自然資料館 (1)
泉州のイカ (9)

ランキングなんぞ参加してみる

ポチッ!っとな。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村 にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
にほんブログ村

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。